歯科衛生士になる方法

歯科衛生士になる為に必要なことについて紹介しているサイト

>

人口減少に伴う歯科需要の変化

歯科医院での仕事とは

歯科医院での主な仕事は、歯科医師の助手としてサポートするだけではなく歯石の除去やクリーニング、ホワイトニングなどの施術を直接行う仕事もあります。
虫歯予防のためのフッ素塗布や、ブラッシング指導なども行います。
歯科助手ではなく歯科衛生士は専門的な知識を持っているので、できることも多く歯科医師の手が空かない場合に処置を任されることも多いでしょう。
それゆえ、歯科医師ではなくても技術面で上手い、苦手といったことが出易いともいえます。

手袋はしますが、患者の口腔内を触ったり観察したりするので最初は慣れるのに時間がかかる人もいるでしょう。
衛生に関わる仕事なので、そういった面での大変さはあることを認識しておきましょう。

歯科医院外での仕事もある

歯科衛生士というと歯科医院での仕事がメインではありますが、地域や所属している歯科医院によっては訪問歯科などの活動に力を入れている場合があります。
その場合は、歯科医院外への訪問もありますし、通院の困難な人の所へ出向いて口腔ケアを施したり、歯科医師でなくてもできる処置について行うことがあります。

また、地域協賛のイベントなどがある場合に啓蒙活動や指導などを行うこともあります。
こうした場合は業務ではないので、もう少し易しい雰囲気での取り組みになりますが、地域社会に貢献していることを実感できるもので、自分の仕事のやりがいを感じられる場面でもあるでしょう。
歯科衛生士は資格と共に知識や技術も習得するので、さまざまな活躍の場があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る