歯科衛生士になる方法

歯科衛生士になる為に必要なことについて紹介しているサイト

>

歯科衛生士の将来性

歯科衛生士は需要が安定している

人口の減少に伴って、歯科医院の数も現象傾向にある事実もありますが、都市部や一部の地方では逆の現象が見られるケースもあります。
また、歯科医院1件につき歯科衛生士の在籍人数の理想を現時点でクリアしていないケースも多く、しばらくは安定的に需要があると見られています。

歯科医院の運営は歯科医師1人では難しく、歯科助手にできることは限られるため、医療行為をすることのできる歯科衛生士はある程度在籍していることが円滑な歯科医院の経営には必要です。
明確に有資格者の求人があるので、汎用的な仕事に比べて就職しやすいというのは1つのメリットでしょう。
特に都市部ではありますが歯科医院は全国にあるので、住む土地が変わっても一定の需要が期待できます。

高齢化に伴うニーズが増える可能性

全国で人口減少が懸念され、今少ない地域は更に少なく、一部の都市部では減少しつつも過密していくという見通しがありますが、人口減少に伴って歯科医院を受診する患者の数も減少すると言われているものの、高齢化に伴う新たな需要が増える可能性が高いことも言われています。

医療機関をはじめ、介護の現場などでも患者の口腔内の健康についてはまだまだ手が入っていない所が多く、今後の課題であるとされています。
社会の情勢や個人事情による通院できない現状を抱えた人など、訪問歯科診療の需要が今後高まる見込みがあります。
現状で課題視されている上に今後増えることがほぼ確定しているため、医療行為のできる歯科衛生士の需要も期待できるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る